お問い合わせ018-833-7431

専門部紹介

演劇

演劇部の主な活動は、各地区での春季発表会、秋にはコンクールがあります。これらの上演に向けて、体づくりや発声練習をはじめとする基礎練習から、道具等の制作、舞台上の演出についての話し合い、と試行錯誤しながら日々の稽古に取り組んでいます。舞台上に立つ役者だけでなく、舞台を彩る照明、音響、装飾、そして脚本、演出など全てを高校生が自らの手で造りあげ、ひとつの作品として上演します。60分に凝縮されたエネルギー溢れる高校生の作品をぜひ御覧ください!!

合唱

合唱部(音楽部)は、各校それぞれの特色を生かし、様々なジャンルの曲に挑戦しています。歌うことが大好きな仲間とともに日々の練習を積み重ね、講習会やコンクールに積極的に参加し、演奏技術の向上に努めています。
秋田県高等学校総合文化祭では全県の合唱部(音楽部)が集い、合同合唱を行っています。

吹奏楽

県内の高校は吹奏楽活動が盛んで、コンサート活動やマーチング活動が学校単位や各地区単位で実施されており、より中身の濃い充実した活動が行われています。
近年部員数が減少傾向にある学校も見られますが、吹奏楽コンクールやマーチングの大会では東北大会や全国大会で好成績を収めています。

郷土芸能・日本音楽

郷土芸能部門は秋田民謡や地域の伝統芸能を継承する活動、日本音楽部門では和楽器の演奏を主として行い、地域のイベントや各種施設での慰問公演などで披露しています。昨年度の全国豊かな海づくり大会秋田大会でも、加盟校数校が出演しました。昔ながらの技や心を受け継ぎ次世代へ繋げる活動に、一緒に取り組んでみませんか。

美術工芸

美術工芸部門では毎年、秋田アトリオンで秋田県高校総合美術展美術工芸部門を開催しています。今年度の一般公開の日程は11月7・8・9・10日(10日は14時まで)です。今年度は新型コロナウィルスの影響で規模を縮小しての開催となりますが、ぜひともご来場ください。

書道

◆夏に行われる『全県高校席書大会』

書道部員が体育館に集まり、学年別の課題で半切作品を書き上げます。

◆秋の『秋田県高等学校総合美術展【書道部門】』

全国高総文祭書道展につながる大切な発表の場で、書道部会の最も大きな行事です。

◆『地区実技講習会』、『地区書道展』

県北・中央・県南の3地区毎に行います。

写真

スマホの普及やSNSの拡大で写真の認知度は高まったものの、芸術としての写真に対する関心は高いとはいえない。手軽であるだけに、それを芸術に引き上げるには技術とともにそれを創り出す人間のセンスが重要である。偶然の一瞬も大事だが、自ら想像するものを画像として実現するための作り込む技術も必要なのが、写真という芸術といえよう。

放送

放送部会のお知らせなどは専用のサイトで紹介しております。詳しくはそちらをご覧ください。

囲碁

囲碁専門部では、春に全県大会と秋に全県新人戦があり、それぞれが全国の上位大会につながります。参加選手は全国出場を、もしくは全国大会での上位進出を目標に自分の棋力を高めるべく、日々鍛えています。囲碁は一見難しそうに見えますが、高校入学後に始める選手も多く、自分のペースで楽しんでいます。

将棋
将棋部会では、毎年5月上旬に秋田県高等学校将棋大会、6月下旬に全国高等学校将棋竜王戦秋田県大会、11月上旬に秋田県高等学校将棋新人大会を開催しています。すべて全国大会の予選を兼ねており、各校の部員は全国の強豪と対戦することを目指し、日々棋力を向上させるべく切磋琢磨して練習に励んでいます。
新聞

ほとんどの学校に「学校新聞」があり、新聞部員や新聞委員、新聞づくりに携わる高校生たちは、仲間の活躍や努力、地域の課題、多くの問題点に着目し、記事を書きながら成長しています。新聞部員たちの努力に光を当てようと、部会では新聞コンクールを毎年行っています。春と秋にはセミナーを開き、他校と交流しながら新聞づくりの基本を学びます。令和2年度の高総文祭での紙面審査では優秀校に選ばれた学校も出ました。多くの皆さんが新聞づくりに加わってくださるのを楽しみにしています。
高等学校総合文化祭参加行事として「第33回秋田県高等学校新聞研修会」を実施予定です。
●開催期日/令和2年11月25日(水)
●会場/秋田市にぎわい交流館AU 研修室1・2ほか

文芸

文芸部会では、春に全県の文芸部員が一堂に会する「文芸セミナー」で研鑽を積み、夏に「文芸コンクール」の作品募集をし、秋の「文芸祭」でコンクールの表彰と、春に続けての2回目のセミナーを実施しています。各校とも、様々なコンクール・講習会への参加を行い、積極的に活動しています。

自然科学

自然科学部会は「自然科学部門」と「無線部門」の2つの部門で構成されています。自然科学部門では、自然科学をより深く探究したいという気持ちに満ちあふれた高校生による日頃の研究の成果を披露する機会の手助けをしています。主に全国高総文祭への予選となる「児童生徒理科研究発表大会」の企画・運営に携わり、例年160名近い高校生の、独創的で感心させられる研究が発表されます。
無線部門では、無線に興味・関心をもつ高校生の交流と研鑽の場として、主に工業高校の生徒が参加するARDF(アマチュア無線方向探知)大会の企画運営を行っています。秋田県勢はこれまでに何度も全国大会で優勝を飾っており、非常に競技レベルの高い種目となっています。

茶・華道

茶華道部では、31校400名もの部員がお稽古を通して日々精進しています。各校流派は様々ですが、利休居士の目指したお茶の心「和敬清寂」に近づくことを目標に「心」の鍛錬をしています。
毎年、千秋公園で行われる千秋茶会に参加し、研修に励んでいます。そして県高総文祭開会式で、呈茶を行い、全県からのお客様をもてなします。

情報

情報部会では、情報講習会を毎年夏季休業中に実施しています。講習内容は、県内企業と連携したソフトウェア開発等です。講習会で開発したタイピングソフト等は県高総文祭開会式で展示・発表しています。

小倉百人一首かるた
秋田県はかるた部のある高校は少ないのですが、高文連加盟校から参加者を募り、春に全県競技会、秋に全県新人競技会を開催しています。全国高校選手権や全国高校総合文化祭を目指し、団体戦(学校対抗)・個人戦で熱い闘いが繰り広げられます。